すらいむがあらわれた

こまんど >  たたかう  にげる

日本人ムスリムのエッセーから宗教観について考えた

2019年11月30日に日本最大のモスク「東京ジャーミィ」のバザーがあると知って見に行って来た。

www.facebook.com

モスクの中を見られた。イスラームの建築や意匠が素敵。

f:id:hayashih:20200105171852j:plain:w300 f:id:hayashih:20200105171859j:plain:w300 f:id:hayashih:20200105172014j:plain:w300 f:id:hayashih:20200105172024j:plain:w300

個人的には他にも期待していたことがある。東京ジャーミィではイスラームについて説明した冊子をもらえるらしいと聞いていた。イスラームについてはたくさん研究書が出てるだろうけど、モスクで配っている冊子の内容が知りたかった。

館内で以下の冊子を配布していてもらうことができた。

f:id:hayashih:20200105171856j:plain:w300

上の2冊がイスラームの基礎知識を解説した冊子。結構分厚くてまだ部分的にしか読めていない。

インパクトがあったのは下の1冊「イスラームにおける人権」。 これは薄い冊子なのだけど学者のような人から社会人や学生などいろんな立場の人がイスラームについて書いた文章が載っていた。

特にびっくりしたのが以下の2ヶ所。

これは社会人2年目の人の書いたもの。

f:id:hayashih:20200105172827j:plain:w300

イスラム教徒ではない友人や知人といると確固たる神様がいない人生は一体どのようなものなのだろうかと考えることがある。私は耐えられる気がしない。自分自身で喜怒哀楽や全事象を処理しなければならないのだろうか。最終的にすがるものが自分自身という孤独を私は乗り越えられるのか。そう考えると怖くなる。

私は「喜怒哀楽や全事象を処理」、「最終的にすがるものが自分自身」は大人の常識くらいに思っていました……。そうするしかないものだと。

これを読んだだけでムスリムはだいぶ価値観が違うなと感じたのだがもっと強烈だったのが、次の中学生か高校生くらいの人の書いたもの。

f:id:hayashih:20200105172017j:plain:w300

ふと「なぜ人は生きるのか?」と考 えたことがある。この問いに対する答え は、「アッラーが私たちを生かしてくだ さる限り、アッラーのために私たちは生 きる。それが私たちに与えられた慈悲に 対してできることだから」というものだ った。わりと悩まずにすぐ答えが出たこ とに私は驚いた。

ひええ。一読してついていけないと思った……。

さらに、

f:id:hayashih:20200105180438:plain:w300

宗教を持たない人からは 「戒律が色々あって厳しそう」という声 も聞いたりするが、そんなことはない。 皆さんも想像してみてほしい。自分の好 きな人が「私のために1日5回、5分で いいから祈っていてほしい。それがあな たのためになるから。」と言われたらそ うするのではないだろうか。

自分の好きな人を宗教の神様に例えるとか、その人が祈りを求めてくるとかなんでそんな考えに至るのかわからない。

この冊子に文章を書いた人はきっととても敬虔な信者なのだろうけど、一般的な日本的神仏混合の宗教観だと自覚する私にはとても奇異なものに見えた。

私がこういう冊子を読もうと思ったのは、宗教とは何かをちゃんと考えたいなと思っていたからだ。

かなり昔、たしか山本七平という人の書いた本の中に「日本人にとっての宗教は世間だ」といった文章があった記憶がある。(誰の本だったか記憶違いかもしれないが)

その本を読んだ当時は世間が宗教?何を言っているんだ?日本には仏教も神道もあるじゃないか、と思っていたのだ。

最近になってようやく意味がわかりかけてきた気がしている。日本は文化としての宗教は多様で充実している。しかし社会規範、モラル、心の拠り所としての宗教が欠けている。世間の風潮はころころ変わる。拠り所にするにはあまりにも頼りない。

ここ数年でますます社会が不安定になってきている中で心の拠り所を求める人たちが増えたと感じる。そう言った人たちが偏見や過激思想に走ってしまっているのではないか。

また、日本で宗教を求めるとすると身近なのは仏教なのだが、仏教は基本的に修行をもとめる。そして因果応報の価値観である。これではむしろ自己責任をもとめる世間の風潮の根拠になってしまっていて、心の拠り所にできない人も多いだろう。

そう考えてみると、イスラームの「アッラーが私を生かしてくださる」という思想はムスリムにとっては心の拠り所にしやすいものなのかもしれない。

私はすでに日本的宗教観を持っておりそれを捨てる気はないし、イスラームのファッションやデザインには興味があるけれど宗教の思想は受け入れられなそうだ。

そこで仏教にイスラームのような考え方はないのか調べてみた。

浄土真宗というメジャーな宗派がある。ここは開祖である親鸞の「悪人正機説」で有名である。「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」の宗派だ。

善人とは仏教の修行をした人。つまり修行する余裕がある金持ちである。悪人とは日々の生活に追われて修行ができない、戒律もまもりきれない貧しい人々をさす。貧しい人々は修行ができないので救われない。

これを浄土真宗では人間はあらかじめ阿弥陀様に救われている、修行は不要、阿弥陀様を信じていれば浄土に行けるとしているようだ。

これは阿弥陀様が「生きていてえらい!」と言ってくれるようなものではないだろうか?

日本で心の拠り所になり得る宗教を選ぶなら浄土真宗がいいのではないだろうか。個人的には曼荼羅が好きなので密教系もいいし、禅宗もストイックで好きなので、しばらく伝統仏教をいろいろ調べてみようかなと思う。

クロス×ロゴスをはじめました

先日リリースされたクロスワードゲームのソシャゲ「クロス×ロゴス」をはじめました。

crossxlogos.com

開発はカヤック。ディレクターは「もじぴったん」の後藤裕之氏、プロデューサーは「ミリオンアーサー」の安藤武博氏です。

一言で言うと小学生向けぽい雰囲気だった「もじぴったん」を中二病RPGソシャゲにしたゲームに見えました。

続きを読む

2019年にやりたいこと100

kondoyukoさんが新年に今年やりたいこと100を毎年出していて、いいなと思ったので真似してみることにしました。

100個考えるのがなかなか大変でしたが、なんとかひねりだしました。

順番は優先度とは関係ありません。

無理矢理にでも出してみることで自分の願望が掘り出される感じがします。

大きめのことから些細なことまで片っ端から実行して行こうと思います。

続きを読む

コミケ93に申し込んだのですが落選しました

この記事は

adventar.org

の2日目です。

実はアドベントカレンダーの時期が終わってから書いているのですが、空いていた日にあとから入れてもらいました(^o^)

タイトルの通り、 コミックマーケット93(2017年冬)にギークハウスに関する同人誌を出そうとして落選してしまった話をします。

きっかけ

私は以前にとあるギークハウスに住んでいました。

その時の縁で最近は、 東京都あきる野市にある「ギークハウス秋川」

あきる野市 | シェアハウス | ギークハウス秋川

にときどき遊びに行っています。

そのたびに料理上手な管理人さんの素敵なレシピだとか、近頃の便利グッズだとか、ギークハウス界隈の話題などの雑談をあれこれ話していて、「これブログに書いたらいいんじゃないの?」とか言っていたのでした。

さて、2017年夏。コミケ92に行って来ました。

大混雑している人気のアニメやマンガのコーナーには近寄ららないものの、

IT技術同人誌を買いに行ったり、 ギークハウス繋がりで知り合ったイラストレーターさんのサークルを見に行ったら午前中で完売していて買えなかったり、

などしているうちに影響され、 「そうだ、同人誌つくろう」 と、勢いでコミケ申し込みを決意。

コミケの申し込み

コミケの申込書は会場内に準備会販売スペースで購入しました。 ちなみにオンライン登録でも申込書は必要です。

申込書を買ったのがコミケ92最終日の8/13。 申込書購入から申し込み締め切りまで数日しかありません。

コミケ93の場合、2017年8月8日〜8月16日まで。 たったの3日しかありません。

とにかくなにか書くことを考えないといけない。 いつもあれこれ雑談していることを書きたい。 どうせなら周りのギークハウス関係の人たちにも声をかけよう。

内容はエッセイとか写真とかイラストとかレシピ集とか、なんでもよくて、 なんとなくギークハウス界隈の人がやっていることが集まったものになればいいやと。

さて、急いで申込書の記入を始めたものの、 記載事項がかなり多いし、説明書きが細かい。

書類にはこう書かないと受付不備ですという注意書きが多く、 数ページにわたる注意書きをじっくり読みながら、配置用データ、短冊(カタログ用カード)などを書きます。

コミケといえばサークルカットという四角い枠に入った絵が有名ですが、これはこの申し込みの短冊に描きます。

コミケ半年まえの申し込み時点からもうサークルカットは描いていないといけないわけで、とても絵描き文化を感じました……。

絵は用意できなかったのでギークハウス秋川のロゴを使用。

サークルカットのみならず申込書の注意書きのあれこれもマンガを中心としたものだなあと感じました。 実際にコミケに行くと漫画ではない出品物(読み物、CD、グッズ)も多いのですが、やはり基本は二次創作マンガなのですね。

申込書に記載されたジャンルコードを眺めて、 評論ジャンルで申し込み。 コミケではいろんな対象を取り扱った評論同人誌のコーナーがあるので、そこに該当しそうだなと。

お金も振込。8000円です。落選すると戻ってくるそうです。

今回全部郵送で申し込んだのですが、今にして思えば単にコミケの申込書を送るというのをやってみたかったのかもしれない。

それと、コミケの申し込みがオンラインでできるCircle.ms

TOP | Circle.ms

を使ってみようとして、いまいち使い方がわかりませんでした。 どうも以前に中途半端にアカウントを作ってしまっていて、すぐに目当ての操作ができなかったので、まあいいか、と先送りに。(あとで後悔します。)

コミケ受付連絡来たる

9月末、受付確認ハガキというものが来ます。 申し込みが受け付けられたことがわかります。

書類不備だったらそこで終了になってしまうところが、 受付確認ハガキがきたので一安心。

執筆者募集

お付き合いのあるギークハウス関連の飲み会やイベントに顔を出しては知り合いに執筆をお願いします。

IT技術や工作やゲームや料理レシピやイラストなどなんでも募集しておりました。

10月後半は縁あって技術書典3のイベントスタッフのお手伝いをしていました。 ここでも知り合いに会うので執筆をお願いしていました。

知り合いの皆さんに執筆をお願いしつつ、 C92で購入した「技術書を書こう」を読みつつ、準備をしてました。

booth.pm

それからお絵かき用にSurfaceを購入。Surfaceペンもセットで。

当選通知が来ません

来ませんでした。

11月頭。コミケ当落通知が発表されます。 Twitterでは「どこそこに配置されました。よろしくおねがいします!」と宣伝が出回っています。

タイミング悪くこの時期に引越しをしたので、郵便が届いていない可能性もあると思い、 Circle.msで当落確認ができるのですが、期限内に申し込み情報を登録して置かなかったので自分で確認できずorz

かわりにギークハウス秋川の管理人さんやコミケに詳しい友人に調べてもらったところ。

f:id:hayashih:20171231145222j:plain

Circle.msではこういう画像がでるのですね……orz

落選のお知らせ

1週間ほどして正式に落選のお手紙が来ました。

返金

12月頭には郵便振替払出証書で申し込みのお金が返金されます。

反省

当選、という言葉がつかわれていますが、かなり実績主義のようです。実質「選考」なのですね。

各回の配置担当者のコメントが公開されています。

コミックマーケット92 配置担当スタッフ一言コーナー

これを読むと、書類不備以外にも様々な要素をみて配置が決められているようです。 配置担当にアピールできるよう工夫が必要でした。

準備不足

「申込書送った!」というツイッター書き込みをよく見かけたので、郵送すればそちらのほうがいいのだろうと思っていましたが、 その後Circle.msへの情報紐付けをすべきでした。 コミケ配置担当から他のサークルと比べて情報登録が足りていないと見なされたかもしれません。

申し込もうと思ってから数日で申込書を送ったのですが、 絵描きではないためサークルカットをすぐに用意できず、ギークハウス秋川のロゴ画像を加工して提出。ここでもアピールができなかったのでは。

コミケの申込書は事前に通販でも買えたようです。

コミックマーケット93 サークル参加申込書セット通販のご案内

コミケ当日に会場で買って申し込むという流れをよくツイッターなどで見かけましたが、それは上級者向けだったのかもしれません。

タイトルがよくなかったのでは

申込書に記載した本の仮タイトルは 「まだギークハウスで消耗してるの?」 でした。

ギークハウスに興味を持って問い合わせてくる人にはギークハウスを提唱したphaさんだけではなく、高知在住ブロガーのイケダハヤトさんのファンも多いのです。それを前提にしたものだったのですが、 これ、そういうネタを知らない人がみたらなんだかDisってるように見えてしまいますね?

せめてもっとシェアハウス全体に関するものにすればよかった。

ジャンルが曖昧

お祭り的な盛り上がりに参加したい気持ちがありますが、 「評論」というなんでもジャンルでは返って難しかったのかも。

個人的には技術同人誌を買いに行き、コミケ会場を歩いてみて有名なアニメや漫画以外にも様々な作品がOKなイベント、と感じていたのですが、二次創作同人マンガの為のイベントという意味合いが強そうです。

ギーク的、IT的な要素を強くするなら、技術書典

技術書典

工作方面ならば、Maker Faire Tokyo

Maker Faire Tokyo 2017 | Make: Japan

評論ならば、文学フリマ

文学フリマ - 文学フリマ公式サイト-お知らせ

コミティアも基本自主創作マンガですが、評論イラスト写真もろもろなものの場所はあるかも。

COMITIA

コミティアは新旧有名どころ出版社の持ち込みブースがずらりとならび、デビューを狙う創作者たちの野望でギラギラしていますが、文学フリマは作りたいものを作って、読みたい人に届ける、というもっと落ち着いた雰囲気でした。

今後

まずは地道にブログをコツコツ書き溜めていこうと思います。 お絵かき用にSurfaceも買ってしまったし、デジタル絵も練習したいです。

結局Surfaceは普通に仕事に使ってます。とても便利。

「新春座談会 このコンピュータ書がすごい! 2014年版」を見に行きました

毎年年明けにジュンク堂池袋店で行われるトークイベント。例年友達と見に行っています。今年も行きました。


こちらにustream録画があります。
このコンピュータ書がすごい!2014年版
http://www.ustream.tv/recorded/42622265

続きを読む