すらいむがあらわれた

こまんど >  たたかう  にげる

コミケ93に申し込んだのですが落選しました

この記事は

adventar.org

の2日目です。

実はアドベントカレンダーの時期が終わってから書いているのですが、空いていた日にあとから入れてもらいました(^o^)

タイトルの通り、 コミックマーケット93(2017年冬)にギークハウスに関する同人誌を出そうとして落選してしまった話をします。

きっかけ

私は以前にとあるギークハウスに住んでいました。

その時の縁で最近は、 東京都あきる野市にある「ギークハウス秋川」

あきる野市 | シェアハウス | ギークハウス秋川

にときどき遊びに行っています。

そのたびに料理上手な管理人さんの素敵なレシピだとか、近頃の便利グッズだとか、ギークハウス界隈の話題などの雑談をあれこれ話していて、「これブログに書いたらいいんじゃないの?」とか言っていたのでした。

さて、2017年夏。コミケ92に行って来ました。

大混雑している人気のアニメやマンガのコーナーには近寄ららないものの、

IT技術同人誌を買いに行ったり、 ギークハウス繋がりで知り合ったイラストレーターさんのサークルを見に行ったら午前中で完売していて買えなかったり、

などしているうちに影響され、 「そうだ、同人誌つくろう」 と、勢いでコミケ申し込みを決意。

コミケの申し込み

コミケの申込書は会場内に準備会販売スペースで購入しました。 ちなみにオンライン登録でも申込書は必要です。

申込書を買ったのがコミケ92最終日の8/13。 申込書購入から申し込み締め切りまで数日しかありません。

コミケ93の場合、2017年8月8日〜8月16日まで。 たったの3日しかありません。

とにかくなにか書くことを考えないといけない。 いつもあれこれ雑談していることを書きたい。 どうせなら周りのギークハウス関係の人たちにも声をかけよう。

内容はエッセイとか写真とかイラストとかレシピ集とか、なんでもよくて、 なんとなくギークハウス界隈の人がやっていることが集まったものになればいいやと。

さて、急いで申込書の記入を始めたものの、 記載事項がかなり多いし、説明書きが細かい。

書類にはこう書かないと受付不備ですという注意書きが多く、 数ページにわたる注意書きをじっくり読みながら、配置用データ、短冊(カタログ用カード)などを書きます。

コミケといえばサークルカットという四角い枠に入った絵が有名ですが、これはこの申し込みの短冊に描きます。

コミケ半年まえの申し込み時点からもうサークルカットは描いていないといけないわけで、とても絵描き文化を感じました……。

絵は用意できなかったのでギークハウス秋川のロゴを使用。

サークルカットのみならず申込書の注意書きのあれこれもマンガを中心としたものだなあと感じました。 実際にコミケに行くと漫画ではない出品物(読み物、CD、グッズ)も多いのですが、やはり基本は二次創作マンガなのですね。

申込書に記載されたジャンルコードを眺めて、 評論ジャンルで申し込み。 コミケではいろんな対象を取り扱った評論同人誌のコーナーがあるので、そこに該当しそうだなと。

お金も振込。8000円です。落選すると戻ってくるそうです。

今回全部郵送で申し込んだのですが、今にして思えば単にコミケの申込書を送るというのをやってみたかったのかもしれない。

それと、コミケの申し込みがオンラインでできるCircle.ms

TOP | Circle.ms

を使ってみようとして、いまいち使い方がわかりませんでした。 どうも以前に中途半端にアカウントを作ってしまっていて、すぐに目当ての操作ができなかったので、まあいいか、と先送りに。(あとで後悔します。)

コミケ受付連絡来たる

9月末、受付確認ハガキというものが来ます。 申し込みが受け付けられたことがわかります。

書類不備だったらそこで終了になってしまうところが、 受付確認ハガキがきたので一安心。

執筆者募集

お付き合いのあるギークハウス関連の飲み会やイベントに顔を出しては知り合いに執筆をお願いします。

IT技術や工作やゲームや料理レシピやイラストなどなんでも募集しておりました。

10月後半は縁あって技術書典3のイベントスタッフのお手伝いをしていました。 ここでも知り合いに会うので執筆をお願いしていました。

知り合いの皆さんに執筆をお願いしつつ、 C92で購入した「技術書を書こう」を読みつつ、準備をしてました。

booth.pm

それからお絵かき用にSurfaceを購入。Surfaceペンもセットで。

当選通知が来ません

来ませんでした。

11月頭。コミケ当落通知が発表されます。 Twitterでは「どこそこに配置されました。よろしくおねがいします!」と宣伝が出回っています。

タイミング悪くこの時期に引越しをしたので、郵便が届いていない可能性もあると思い、 Circle.msで当落確認ができるのですが、期限内に申し込み情報を登録して置かなかったので自分で確認できずorz

かわりにギークハウス秋川の管理人さんやコミケに詳しい友人に調べてもらったところ。

f:id:hayashih:20171231145222j:plain

Circle.msではこういう画像がでるのですね……orz

落選のお知らせ

1週間ほどして正式に落選のお手紙が来ました。

返金

12月頭には郵便振替払出証書で申し込みのお金が返金されます。

反省

当選、という言葉がつかわれていますが、かなり実績主義のようです。実質「選考」なのですね。

各回の配置担当者のコメントが公開されています。

コミックマーケット92 配置担当スタッフ一言コーナー

これを読むと、書類不備以外にも様々な要素をみて配置が決められているようです。 配置担当にアピールできるよう工夫が必要でした。

準備不足

「申込書送った!」というツイッター書き込みをよく見かけたので、郵送すればそちらのほうがいいのだろうと思っていましたが、 その後Circle.msへの情報紐付けをすべきでした。 コミケ配置担当から他のサークルと比べて情報登録が足りていないと見なされたかもしれません。

申し込もうと思ってから数日で申込書を送ったのですが、 絵描きではないためサークルカットをすぐに用意できず、ギークハウス秋川のロゴ画像を加工して提出。ここでもアピールができなかったのでは。

コミケの申込書は事前に通販でも買えたようです。

コミックマーケット93 サークル参加申込書セット通販のご案内

コミケ当日に会場で買って申し込むという流れをよくツイッターなどで見かけましたが、それは上級者向けだったのかもしれません。

タイトルがよくなかったのでは

申込書に記載した本の仮タイトルは 「まだギークハウスで消耗してるの?」 でした。

ギークハウスに興味を持って問い合わせてくる人にはギークハウスを提唱したphaさんだけではなく、高知在住ブロガーのイケダハヤトさんのファンも多いのです。それを前提にしたものだったのですが、 これ、そういうネタを知らない人がみたらなんだかDisってるように見えてしまいますね?

せめてもっとシェアハウス全体に関するものにすればよかった。

ジャンルが曖昧

お祭り的な盛り上がりに参加したい気持ちがありますが、 「評論」というなんでもジャンルでは返って難しかったのかも。

個人的には技術同人誌を買いに行き、コミケ会場を歩いてみて有名なアニメや漫画以外にも様々な作品がOKなイベント、と感じていたのですが、二次創作同人マンガの為のイベントという意味合いが強そうです。

ギーク的、IT的な要素を強くするなら、技術書典

技術書典

工作方面ならば、Maker Faire Tokyo

Maker Faire Tokyo 2017 | Make: Japan

評論ならば、文学フリマ

文学フリマ - 文学フリマ公式サイト-お知らせ

コミティアも基本自主創作マンガですが、評論イラスト写真もろもろなものの場所はあるかも。

COMITIA

コミティアは新旧有名どころ出版社の持ち込みブースがずらりとならび、デビューを狙う創作者たちの野望でギラギラしていますが、文学フリマは作りたいものを作って、読みたい人に届ける、というもっと落ち着いた雰囲気でした。

今後

まずは地道にブログをコツコツ書き溜めていこうと思います。 お絵かき用にSurfaceも買ってしまったし、デジタル絵も練習したいです。

結局Surfaceは普通に仕事に使ってます。とても便利。

「新春座談会 このコンピュータ書がすごい! 2014年版」を見に行きました

毎年年明けにジュンク堂池袋店で行われるトークイベント。例年友達と見に行っています。今年も行きました。


こちらにustream録画があります。
このコンピュータ書がすごい!2014年版
http://www.ustream.tv/recorded/42622265

続きを読む

今年の振り返り

  • 海外旅行にずいぶん行った

1月 タイ(バンコクプーケット)、上海(乗り換えで一時入国)
2月 沖縄(那覇)、韓国(ソウル、釜山)
4月 シンガポール、マレーシア(マラッカ、クアラルンプール)
5月 カナダ(バンクーバー、バンフ、ナイヤガラ)
7月 マレーシア(クアラルンプール)


知人達から「仕事をしているのか?」と心配されるくらい行った。
昨年はオンライン英会話を熱心にやって、1週間だけでもセブ島の語学学校まで行った。その英語力のアウトプットとしてあちこち出かけてみた。ありきたりな感想だけど、行ってみることで印象がかわる場所は多いですね。旅行日記を書こう書こうとしてまだ書けていないのだけど、忘れないうちに書きたい。
クアラルンプールはいろいろと印象深かった。

  • 住居関係

2013年の始めのほうで1件、中頃に1件、出来事があり、すごくいろいろなことを考えた。
人間関係が壊れたり、新しくできたりした。
このことはもう考えない方がいいのかもしれないという気持ちと、どこかで自分の気持ちを文章に整理してみたい気持ちがまだせめぎあっている。


たいしたことない気持ちにもったいつけるのも何なので端的に書くと、この出来事以来「メンヘラ」は嫌いになってしまった。
「理解」とはなんだろう。あの時いろいろやりとりして、何人もの人からずいぶんと「理解」を求められた気がしている。「理解」しようとして自分なりに調べて考えて、以前よりもある種の人たちがなんでそういう行動をとるのか理解できたと感じている。そしてその結果そういう人たちを以前より受け入れられなくなっている。
以前の私は無知だった。無知ゆえに許容範囲が今より広かったのだ。知らないでいられたら良かったことに触れてしまった気がしてならない。

はじめてコミケにいきました


TechBoosterのAndroidFirefox、Review本。 http://techbooster-c85.appspot.com/
競技プログラミング本。
Clangの狐本。
Ejectコマンド本。
@roishi2j2さんのBitcoin本。


techboosterさんの本が目当てでいきました。
9時45分ころにビッグサイトについたら人の海があって、こんな大勢の人に売る物なんかあるのか?と思ったのだけど、いざ会場に入ったら意外と空いていた。
私が入ったのは西館なので東館は混んでいたのかもしれないけれど。
目当ての場所は「西す」列だったのだけど、ここがどうやらプログラミング関係同人誌の列らしく写真の本はだいたいここで買った。Make:Tokyoなどと似た雰囲気もあって本だけでなくハードを販売している人もいた。ネットでよく見かけるコミュニティも店をだしていた。

第3回リジェクトアプリハッカソンの記録

Apple の AppStore、Google PlayWindows Storeからrejectされるようなパワフルなアプリ作ったろうぜというコンセプトのもくもく作業会として隔週水曜日に行っています。
https://www.facebook.com/events/1465291213683145/


IMG_20131219_002534.jpg
IMG_20131219_002534.jpg posted by (C)kanpan


参加者の皆さんがイマドキなガジェットを持ち寄ってきて、意外にもオサレな感じに♪
IMG_20131219_002520.jpg
IMG_20131219_002520.jpg posted by (C)kanpan
最近流行り?のBeacon。


IMG_20131219_002458.jpg
IMG_20131219_002458.jpg posted by (C)kanpan
パーツを繋げて作るかわいいガジェット。
http://jp.littlebits.com/


隣の人は電子書籍について熱く議論していました。
私はじゃんけんアプリを作っていました。あとはデザインができればなんとかなる。

MIT App Inventor2

普段プログラミングをしない人と一緒にAndroidアプリを作ろうかと言うことになって、その人のPCはWIndows XPだし、そこにEclipseやらAndroid Studioを入れて設定してなんてやっていたら一発で挫折しそう…と悩んでいた所に思い出した。
昔あった「App Inventor」ってどうなったっけ?あのGoogleが一時導入したけど結局やめてMITに返しちゃったGUIAndroidアプリが作れるヤツ。


未だ健在でした!
http://appinventor.mit.edu/explore/
しかもApp Inventor2になってパワーアップしてます。


動作可能環境が素晴らしい。

■Computer and operating system


Macintosh (with Intel processor): Mac OS X 10.5 or higher
Windows: Windows XP, Windows Vista, Windows 7
GNU/Linux: Ubuntu 8 or higher, Debian 5 or higher


■Browser


Mozilla Firefox 3.6 or higher
Note: If you are using Firefox with the NoScript extension, you'll need to turn the extension off. See the note on the troubleshooting page.
Apple Safari 5.0 or higher
Google Chrome 4.0 or higher
Microsoft Internet Explorer is not supported


■Phone or Tablet (or use the on-screen emulator)


Android Operating System 2.3 ("Gingerbread") or higher

Windows XPとかなり古いFirefoxChromeで動くんですよ。ブラウザだけでドラッグ&ドロップするだけでアプリができる。操作性も悪くない。
試しに友人のWindow XPのノートPCで動かしてもらったけど十分使えそうだ。


チュートリアルのビデオ
http://appinventor.mit.edu/explore/hour-of-code.html
コンポーネントのリファレンンス Components - App Inventor for Android
http://ai2.appinventor.mit.edu/reference/components/
App Inventorの参考書
http://www.appinventor.org/book2
ロジックをブロックのようにはめ込んでアプリをつくるのだけど、ブロックのはめ方がよくわからないな(・・; ビデオをみて見当つけるのがいいのかしら?


そしてApp Inventorはオープンソースプロジェクトです。
http://appinventor.mit.edu/appinventor-sources/
ソースはgithubにある。どうやらフロント側はjavascriptでサーバーはGAE/Javaみたい。
https://github.com/mit-cml/appinventor-sources

Visual Studio2013の言語設定を変える

エラーメッセージを検索して調べるためには英語表記で出てくれたほうが都合が良い事がある。
なので最近Visual Studioの言語設定を英語にして使っている。
意外にも設定ですぐ切り替えられる訳ではないので、切り替え方法をメモしておく。


言語を切り替えるためには
Microsoft Visual Studio 2013 Language Pack
というアドオンを言語ごとにインストールする必要がある。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40783

Visual Studio 2013の場合は以下の手順でUIの言語を切り替えられる。

ツール -> オプション -> 環境 -> 国際化対応の設定 -> 言語
を開く。
最初はプルダウンで

しか選べない。


プルダウンの下の「追加の言語を取得する」リンクをクリックすると
Visual Studio 2013 Language Packのダウンロードページが開く。


プルダウンで「英語」(もしくはその他お好みの言語)を選んでダウンロード。ダウンロードしたアドオンをダブルクリックしてインストールする。その後Visual Stuidoを再起動する。
これで言語の切り替えプルダウンに追加した言語がでてきて切り替え可能になる。